Home > rpm

rpm Archive

その rpm いつインストールしたんだっけ?

rpm をいつ入れたかを見たいときは、以下のコマンドで表示できます。

$ rpm -qa --last

このコマンド は、rpm をインストールした日付、時刻を新しいものの順番で表示してくれます。

もう一歩踏み込んで整形して表示したい場合、

$ rpm -qa --queryformat '%{INSTALLTIME} %{NAME}\n' | awk '{printf("%-12s: %-60s\n", strftime("%F %T", $1), $2);}' | sort

このように --queryformat オプションで表示したい項目を指定して整形してやります。--queryformat で指定できるオプションは、rpm --querytagsで表示することもできます。

インストール日時といっても rpm -U~などで更新した場合は、更新日時になってしまうので注意です。

yum コマンド まとめ その2

yum コマンド まとめの第2段です

【パッケージグループ一覧表示】

# yum grouplist

インストールされている or インストール可能なパッケージグループの一覧表示。
パッケージグループには、’MySQL Database’、’Web Server’、’System Tools’ 等があります。

【パッケージグループのインストール】

# yum -y groupinstall パッケージグループ名

-y は、自動でy(yes)を返答するオプションです。このオプションを付けない場合、確認が入ります。
パッケージグループには、スペースが含まれるものがあります。このような場合は、'(シングルクォート)で囲む必要があります。
例) FTP Serverパッケージグループのインストール

# yum -y groupinstall ‘FTP Server’

【パッケージグループのアンインストール】

# yum -y groupremove パッケージグループ名

-y は、自動でy(yes)を返答するオプションです。このオプションを付けない場合、確認が入ります。
パッケージグループには、スペースが含まれるものがあります。このような場合は、'(シングルクォート)で囲む必要があります。

yum コマンド まとめ その1

yumとは、Yellowdog Updater Modified の略です。

Fedora 等で依存関係を考慮して rpmパッケージのインストール、アンインストール、更新等を行ってくれるツールです。
これを使えば、依存関係のわずらわしさから開放されてハッピーになれます。(笑)

yumは、/etc/yum.repos.d/ に登録されているパッケージ登録サーバ(リポジトリ)から自動でダウンロードしインストール、アンインストール、更新を行うので、ダウンロードの手間も必要ありません。

以下が簡単な使い方になります。

【パッケージのインストール(追加)】

# yum -y install パッケージ名

-y は、自動でy(yes)を返答するオプションです。このオプションを付けない場合、確認が入ります。

【パッケージのアンインストール(削除)】

# yum -y erase パッケージ名

-y は、自動でy(yes)を返答するオプションです。このオプションを付けない場合、確認が入ります。

【パッケージの更新確認】

# yum check-update

リポジトリに登録されているパッケージと自分のマシンにインストールされているパッケージのバージョン(リビジョン)を比較して相違があるものを表示してくれます。
あくまでも表示だけなので、更新は別途必要です。

【パッケージの更新】

# yum -y update パッケージ名

リポジトリに登録されているパッケージと自分のマシンにインストールされているパッケージのバージョン(リビジョン)を比較して相違があるものを更新してくれます。
また、パッケージ名を省略すると自分のマシンに登録されているパッケージ全てについてバージョン(リビジョン)の相違があればダウンロードして更新します。

rpmコマンドまとめ その2

  • 2007-08-09 (木)
  • rpm

【rpmパッケージのインストール】
rpmパッケージをダウンロードしたなど場合、このコマンドオプションでインストールします。

# rpm -ivh ~.rpm(パッケージファイル名)

【rpmパッケージの更新】

rpmパッケージのパッチが出た場合やバージョンアップした場合このオプションで更新します。

# rpm -Uvh ~.rpm(パッケージファイル名)

【rpmパッケージの削除】

不要になったパッケージを削除する場合にこのオプションで削除します。

# rpm -e パッケージ名

※パッケージ名は、rpm -qa で確認しておきます。

※パッケージ削除では、依存関係があるパッケージの削除は基本できません。依存関係が表示されるので、そのパッケージも同時に削除します。

( rpm -e パッケージ名 依存したパッケージ名 <=このようにパッケージ名を並べて書きます)

rpmコマンドまとめ その1

RPMとは、RPM Package Manager の略です。
かなりわかりづらいですね。(笑)

ここでいうパッケージ(Packege)とは、 設定ファイルやら実行モジュールなどを一個のファイルにまとめたものぐらいの解釈でよいです。Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、Fedora、Vine Linux、Debian GNU/Linux、Ubuntu Linux等ディストリビューションは様々ありますが、それぞれでパッケージの管理方法があって、Red Hat 系では、RPMというパッケージ管理方法を採用しています。
通常は、~.rpm の拡張子のファイルをインストールのときに使います。

では、実際に使ってみましょう。まずは内容表示系の操作から。

【マシンに導入されているrpmパッケージ一覧の表示】

# rpm -qa

【rpmパッケージに含まれるファイルやコマンドの一覧を表示する】

# rpm -ql パッケージ名

※パッケージ名は、rpm -qa コマンドで表示されたものを使用する。

例) bash-3.0-19.3パッケージに含まれるファイル、コマンド一覧の表示

# rpm -ql bash-3.0-19.3

【ファイルやコマンドがどのrpmパッケージに含まれるか確認する】

# rpm -qf コマンド名orファイル名

※コマンド名orファイル名は、フルパスの必要があります。

例) bashがどのパッケージに含まれるか確認する

# rpm -qf /bin/bash
bash-3.0-19.3
#

【rpmパッケージの概要を確認する】

# rpm -qi パッケージ名

例) bash-3.0-19.3パッケージの概要を表示する

# rpm -qi bash-3.0-19.3

ホーム > rpm

Search
Feeds
Meta

Return to page top