ベリラボ

OSS(オープンソースソフトウェア) を主体とした技術検証と小ネタなど

fedora fetchmail linux network procmail tips その他 メール

fetchmail + procmail でメール転送

投稿日:

どこかのメールサーバに届いたメールをなにも考えず全部別のメールサーバに転送したい場合の設定をgoogle、Technoratiで検索したらなかなかみつからなかったのでまとめてみました。

.forward とか /etc/aliases とかで転送してもよいのですが、この方法だと転送先に届かないとメールを送ったところに転送先の携帯メールアドレスとかが漏れてしまうので、今回は fetchmail + procmail でpopで取ってきて転送する方法です。

確認した環境/条件は、以下のようになってます。

Fedora 7
procmail-3.22-19.fc7
fetchmail-6.3.7-2.fc7
転送元メール(POP3)サーバ : xxx.example.com
転送元POPユーザ : foo
転送元POPパスワード: bar
転送先メールアドレス: xxxxx@donomo.ne.jp
転送に使うメールサーバ(MTA) : localhost

10分間隔で転送元に届いたメールをチェック

転送したメールも転送元のメールサーバに残す

【.fetchmailrc の記述】

set postmaster root
set nobouncemail
set logfile fetchmail.log
defaults
protocol pop3
no rewrite
no mimedecode

poll xxx.example.com
uidl
username “foo”
password “bar”
mda “/usr/bin/procmail”
keep

【.procmailrc の記述】

:0 c
! xxxxx@donomo.ne.jp

【注意事項】

.fetchmailrc と .procmailrc のアクセス権限は、600 (group と otherのread/write/execute権限なし) とする。

$ chmod 600 .fetchmailrc

$ chmod 600 .procmailrc

fetchmail.log を事前に作成しておく

$ touch fetchmail.log

【crontab の設定】

*/10 * * * * /usr/bin/fetchmail > /dev/null 2>&1

fetchmailは、daemon化して一定時間間隔でメールチェックすることもできるのですが、daemon化した fetchmailがもしも何かの理由で異常終了したりするとメールをある日突然取ってこなくなることを想定して、crontab 設定で 10分間隔で fetchmailを起動しています。

この設定で転送できるようになりました。それと、転送先をありえないメールアドレスに設定して確認したところ、メールの発信元にはエラーが返らずfetchmailを起動したユーザにエラーメールが届きます。

-fedora, fetchmail, linux, network, procmail, tips, その他, メール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

通常(Plain)ファイル上にext3ファイルシステムを作成する方法

ファイルシステムに片寄りが発生し、ディスクパーティションにも空きがない場合 などに一般(Plain)ファイル上にext3ファイルシステムを作成する方法をwikiに書きました。 ramdisk上にPla …

no image

その rpm いつインストールしたんだっけ?

rpm をいつ入れたかを見たいときは、以下のコマンドで表示できます。 $ rpm -qa –last このコマンド は、rpm をインストールした日付、時刻を新しいものの順番で表示してくれます。 も …

no image

Gmailのデータバックアップ

Gmailにメモや雑多なデータを置いていますが、ここのところのGoogleのサービス終了告知に不安となり、Gmailのデータをローカルマシンに取り込んでいます。(誤解のないように、Gmailがサービス …

no image

CentOS 5.2 で、ntp の同期不具合

CentOS 5.2 にしてから、ntp.nict.jp と時刻同期が取れない(reachがゼロ)の状態となっていました。色々調べてみたら、どうやら IPv6が関係しているのが原因だったみたいです。 …

no image

GTD選択から初期段階

GTD(Getting Things Done )とは、簡単にいうとやるべきことをリスト化して頭の中から追い出して、記憶しておく必要がなくなったすっきりした頭でやることだけに集中して仕事をうまくこなす …