ベリラボ

OSS(オープンソースソフトウェア) を主体とした技術検証と小ネタなど

その他

よいプログラム書くために

投稿日:

よいプログラム書くためには、どうすればいいか? を簡単に書きます。

「1から10までの和を求めるプログラムを書け」 という命題にどう書くでしょう。
プログラムを習いたての人に依頼すると、perlだと以下のようなプログラムも多く見かけます。

#!/usr/bin/perl

use strict;

my $n=10;

my $s=0;
for(my $i=1;$i< =$n;$i++) {
$s+=$i;
}

print “s=”,$s,”\n”;

このプログラムで間違いはありません。
でも、このように書くとnが少ない数であればよいのですが、数万や数億のオーダーになった場合や和を求めるだけでなく、多数の項目の平均などを求めようとした場合、ぐっと遅くなってきます。

プログラム上級者であれば、以下のようになります。

#!/usr/bin/perl

use strict;

my $n=10;

my $s=(1+$n)*$n/2;

print “s=”,$s,”\n”;

このように和の公式を使ってnの値によって実行速度に違いがないようにします。

要するに、よいプログラムを書くためには、perlやPHP、Javaなどの言語を学習するだけでは、上達しないということです。色々な知識を学んだ結果としてよいプログラムを書けるようになります。
プログラムを習いたての人は、色々な知識も学習するとよいですよ。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

fetchmail + procmail でメール転送

どこかのメールサーバに届いたメールをなにも考えず全部別のメールサーバに転送したい場合の設定をgoogle、Technoratiで検索したらなかなかみつからなかったのでまとめてみました。 .forwar …

no image

CentOS 5.2 で、ntp の同期不具合

CentOS 5.2 にしてから、ntp.nict.jp と時刻同期が取れない(reachがゼロ)の状態となっていました。色々調べてみたら、どうやら IPv6が関係しているのが原因だったみたいです。 …

no image

Linuxで消せないファイルの対応方法

Linux/UNIXで、「*」「?」「-i」等ができていて通常オプションのrmコマンドだと消えないファイルの対処方法をwikiに書きました。是非読んでください。 Linuxで消せないファイルの対応方法

no image

ベリサイン + apahce + OpenSSL + mod_ssl ではまり

ベリサイン + apahce + OpenSSL + mod_ssl ではまりました。 秘密鍵作成、CSR作成を行ってベリサインに申請。 戻ってきたServerIDを保存して以下のようにssl.con …

no image

CentOS 5.2 heardbeat インストール、初期設定

ベリラボ – wiki – CentOS52_heardbeatインストール、初期設定. ノード(マシン)間でIPアドレス等のリソースを冗長化するためのheartbeatをイン …